学生時代に半導体設計とは異なる分野を専攻した社員

テスト・評価・解析/吉川隆弥(Yoshikawa Takaya)2007年度入社

精密機器が好きだから、半導体関連の仕事を希望

昔から、測定機器や精密機器などを動かすことに興味があり、大学ではそういった機器を使っておこなう半導体製造プロセスの研究を選択しました。就職活動のときも、半導体関連の仕事につきたいと思っていたので、ソニーLSIデザインを希望しました。ソニー製品は世の中に広く出回っていますし、身近で見ることができる製品の開発にかかわれるというところに、ほかの半導体メーカーにはない魅力を感じました。

最先端技術に触れることができる仕事

私の仕事は、設計した後に、出来上がった半導体デバイスの評価・検証。その中でも、テスト用のインターフェースの開発を担当しています。検証は半導体テスターという汎用の装置を使って行いますが、専用のテストボード(インターフェースボード)をつくり、そのボードに半導体デバイスを実装した上で、検証を行う必要があります。

当然、検証しようとする半導体デバイスはそれぞれ仕様が異なるので、このインターフェースボードはデバイスごとにつくる必要があります。
ボードの設計にあたっては、半導体デバイスの設計者と協力して行います。どのような機能があり、テストするポイントはどこにあるかを把握しなければ、ボードの設計はできません。
また、インターフェースボードを開発するときに特に注意するのは、コスト面です。半導体デバイスの設計でも低コストでの設計を求められますが、インターフェースボードの製作でも同様です。ボードの材質等にも気を配りながら、最適なボード作成を心がけています。

開発途中と量産に入ってからのインターフェースボードの役割

インターフェースボードは、最初は開発中の半導体デバイスの特性評価に使われます。その評価を経て半導体デバイスが量産されるようになると、量産品の良品選別に使われることになります。量産時の検査では1分程度の短時間に行わないと非効率になるので、ボード設計に当たってはいかに効率よく検査ができるかということも念頭に置いて行っています。

テスト技術を深めたい。工程全体を任される立場を目指したい

入社以来、テスト一筋の道を歩いてきたので、今後は、ボードの設計から製造までの全体を一貫して見ることができるようになりたいと思っています。社内外の人との交流も深めつつ、プロジェクトリーダーとして、より大きな仕事ができるようになることも、目標の一つです。その目標実現のために、日々勉強しています。

最先端技術にいち早く触れ、社外の人から刺激を受けるのが楽しい

ソニーLSIデザインの場合、インターフェースボードの製作に当たっては、半導体デバイス開発の最初の段階から協調して動いています。ですから、これからつくり出される最先端の技術に早くからかかわることになります。それは醍醐味の1つですね。
もう1つ楽しいことは、社外の人といっしょに仕事ができることです。ボードをつくるときには、ボード製作の会社の人と意見交換しますし、他社からボード設計の依頼を受けることもあるので、こうした機会は、社内だけで仕事をしているより刺激的です。
社内で培った技術を使って、社外からの依頼を引き受けることで、会社の売上にも貢献ができているという自負もあります。

社員が語る開発業務
  • 近藤弘康(CMOSイメージセンサ設計)
  • 城本正尋(デジタル回路設計)
  • 江藤慎一郎(アナログ設計)
  • 劉リッシン(ソフトウェア設計)
  • 牛丸裕子(バックエンド設計)
  • 吉川隆弥(テスト・評価・解析)
  • 轟聡洋(設計環境構築)
PROFILE 趣味は「食」と「旅」。時間があれば、友人と食べ歩き。旅は温泉地巡りが好きで、近場の伊豆などの温泉地には頻繁に出かけている。