学生時代に半導体設計を専攻した社員

デジタル(論理)回路設計/城本正尋(Shiromoto Masahiro)2006年度入社

ソニー製品の開発に携われることと、働きやすい雰囲気に惹かれて入社を決意

大学で専攻したのは情報工学で、ハードウェア設計について学びました。トランジスタレベルの回路設計から、Verilog-HDLという、デジタル回路設計用のハードウェア記述言語を使用したプログラミングまで、ハードウェア設計の基礎はひととおり習得したので、今やっているデジタル回路設計業務と直結していると思います。
学んだ知識や技術をいかせる会社に入りたいと思って半導体設計関係の企業10社ほどの説明会に行きましたが、ソニーLSIデザインはその中で一番印象に残りました。よく知っているソニー製品の開発に携わることができるということも大きなポイントでしたが、なにより雰囲気がよくて仕事がしやすそうな印象を受けました。社員が爽やかな人が多く、すぐとけこめそうに思いました。

多機能性と高品質の両方が求められるデジタル回路設計には部門間の調整も必要

半導体デバイスの集積度が上がり、たくさんの機能を搭載することができるようになりましたが、それに伴いデバイスに求められるものも多くなっています。多種多様な要求に応えて仕様を決めていかなければなりません。私が担当しているのは監視カメラや車載カメラ向けの、DSPと呼ばれる信号処理デバイスなのですが、プロジェクトの全体を俯瞰し、さまざまな情報の交通整理をしながら、目的に沿ってプロジェクトが進むように調整するのが主な仕事です。
今取り組んでいるのは車載用カメラですが、求められる品質は他の用途のカメラよりはるかに厳しい。衝突防止や将来の自動運転に使われるものですから、カメラの故障はまかり間違えば人命にもかかわる事態を引き起こします。たとえ霧や雨の中でも、高速運転中でも、前方の車や人の飛び出しはもちろん、道路の白線や標識も正しく認識できなければなりません。さらに万が一故障しても、自動車の制御システムが故障を認知し、それをドライバーに伝えるようにする必要もあります。これには相当の回路規模が必要ですが、コストやサイズは抑えなければなりません。アナログ回路設計部門やバックエンド設計部門との間をうまく調整して、適正な回路規模に落としこむ作業も、大切な仕事の1つになっています。

チームで目標を達成したときの喜びと後輩の成長を見るうれしさ

今はグループの進捗管理と部門間の調整業務の両方を担当していて、リーダー的な役割を担っています。もともと私のとりえは人のフトコロに入るのが苦にならないところ。グループのメンバーや他部門の人たちと議論を重ねながら、うまく問題を解決していく仕事は向いていると思います。あまり細かい部分に入り込むと大勢が見えなくなりますから、できるだけ広い視点でプロジェクトを見るようにしています。
大学ではチームで何かをつくる経験はほとんどなかったのですが、会社ではチームで仕事をすることが当たり前の環境です。チームで目標を達成することの喜びは、入社して初めて経験しましたね。後輩の成長を見るとうれしく感じるのも、今のような立場になってからだと思います。

自分の仕事がないときに仕事が進む何事もないことが一番の幸せ

私の関係するプロジェクトには、100〜200人ほどがなんらかの形でかかわっていますが、規模の大きなプロジェクトでは、外的要因などで進捗が遅れることがままあります。そんなときは人員の配置を変えて対応したり、スケジュールを変更したりする必要があります。インフルエンザで休む人が増えたりすると、その穴を埋めるのに苦労しますが、最近はリスケジュールやリソース再配分がうまくできるようになっているのを実感しています。以前と比較すると、資料のまとめ方が上達して、あるべき姿と現状の姿を比べて、何か問題が起きたらすぐに問題の原因をつきとめられるようになってきました。何度も怒られましたからね。怒られながらプロジェクトを立て直すことを繰り返すうちに、自分自身が成長できたと感じます。
無理な要求にならないように仕様を決めるよう心がけてはいますが、それでも急に変更が必要になったり、検討漏れの部分が見つかったりすることがあり、胃が痛む思いをすることがあります。働いていてうれしいと思う時は、私が調整などをしなくても良いときです。私が忙しく動かなくてよい時は、プロジェクトが順調に進んでいるわけですからね。何事もないのが一番です。
いずれはプロジェクトリーダーとして力を発揮したいと思っています。同期入社の仲間がさまざまな部門にいて、みんな10年くらいのキャリアを積んでいます。その同期にそれぞれの部門のリーダーになってもらって、1つの半導体デバイスをつくることができるといいなと考えています。

社員が語る開発業務
  • 近藤弘康(CMOSイメージセンサ設計)
  • 城本正尋(デジタル回路設計)
  • 江藤慎一郎(アナログ設計)
  • 劉リッシン(ソフトウェア設計)
  • 牛丸裕子(バックエンド設計)
  • 吉川隆弥(テスト・評価・解析)
  • 轟聡洋(設計環境構築)
PROFILE 子どもの頃から工作好き、数学と理科が得意で、高校時代からプログラミングに熱中していた。同期メンバーとは仲がよく、お互いに特別な存在。趣味はゲームだが、今は1歳半の娘の面倒を見るのが楽しみ。日本酒を嗜むひとときが好き。