学生時代に半導体設計を専攻した社員

CMOSイメージセンサ設計/近藤弘康(Kondo Hiroyasu)2007年度入社

半導体の基礎は大学で修得したが役立ったのは学ぶ姿勢のほうだった

大学では、アナログ回路の設計から試作、完成したデバイスの評価まで半導体設計の基礎をひととおり経験していました。しかし専門知識や技術より、研究室で身につけた主体的に学ぶ姿勢のほうが、むしろ現在の仕事に役に立っていることが多いかもしれません。
ソニーLSIデザインは、先輩の勧めもありましたが、自由な社風に惹かれ入社を決めました。また、評価も含めた半導体設計の全てのプロセスが会社の中にあるので、高品質な半導体デバイスを作れるところに、魅力を感じましたね。

設計仕様を決めるところから量産サポートまでを担当

設計の仕事は、お客さまと仕様検討をするところからスタートします。そして検討した結果を設計仕様書にまとめ、その仕様書に基づいて設計をおこなっていきます。
1つのイメージセンサを設計するために、画素やアナログ回路、デジタル回路やレイアウト設計など大規模なプロジェクトが発足されます。私は現在、その中でアナログ回路設計のリーダーを担当しています。
リーダーは、設計・検証のフェーズでは、メンバーの進捗や品質の管理を主に行います。また、試作品ができた後の評価や不具合対応、製造工程での選別に関する業務など設計以降の後工程サポートも担当範囲です。さらに、イメージセンサでは、お客さまの評価環境の中でしか発生しない問題が起きることもまれにあります。そういった場合のお客さまのサポートも、私の仕事の一つになっています。

目の肥えた映像のプロの方々にも、喜んでもらえる製品にしたい

私の部署がつくっているイメージセンサには、映画撮影のためのカムコーダーなど業務用の製品向けのものもあります。ユーザーは映像のプロの方々ばかりで、とても目が肥えていらっしゃいます。そんなエンドユーザーの画質へのこだわりに応えられるようなイメージセンサをつくりたいと、いつも思っています。 いま担当しているプロジェクトでは、従来のものよりもっと感度が高く、暗いところでも明るく撮れるCMOSイメージセンサの開発をおこなっています。感度を高くするには低ノイズのアナログ回路が必要ですが、消費電力やチップサイズなどとトレードオフとなるため、それらを最適に調整することに苦労しました。試作品で実際に今まで撮れなかった暗闇での画像がきれいに撮れたときは、本当に感動しました。

いろいろなことを提案できる集団になり、新しい映像文化を作りたい

私は自分の担当領域以外にも幅広い分野に興味を持ち、意識的に他部門の人と話をして、他の部署の仕事を知ることを大切にしています。また社内ばかりでなく社外の人とも、できるだけつながりを持つようにしています。そうすると、自分とは別の考え方の存在に気づき、それらを吸収することができます。色々な人の意見を聞くと、自分たちに不足していることや次に求められることが見えてくることがあります。そのように発想したアイディアを、お客さまに提案していけるようになりたいと思っています。
CMOSイメージセンサで、新しい映像価値や文化をつくり出すような、いろいろな提案ができる集団になりたいです。

社員が語る開発業務
  • 近藤弘康(CMOSイメージセンサ設計)
  • 城本正尋(デジタル回路設計)
  • 江藤慎一郎(アナログ設計)
  • 劉リッシン(ソフトウェア設計)
  • 牛丸裕子(バックエンド設計)
  • 吉川隆弥(テスト・評価・解析)
  • 轟聡洋(設計環境構築)
PROFILE 学生時代の研究室では、自分自身で裁量を持って研究を進められる環境だったため、課題に対してPDCAを回していくことが身についた。休日には地元の仲間と組んだチームでバスケットボールの練習や試合に汗を流す。自分で設計したセンサが搭載されたカメラで息子の写真を撮るのが最近一番の楽しみ。